シックハウス症候群の原因ホルムアルデヒド

最近では様々な病気が発見されていますが、よく聞く病気にシックハウス症候群というものがあります。シックハウス症候群の症状は不眠や頭痛、腹痛、耳鳴りなど様々な症状がありそれは個人差があります。その原因の一つとして分かっているのが建具や家具、壁紙などに使用する接着剤に含まれる化学物質にホルムアルデヒドという物質がありそれが空気中に少しずつ放散されていき空気を汚染してしまいます。その為平成15年以降の建物には換気システムの取り付けが義務化されています。目に見えないのでホルムアルデヒドに対しての知識がないとなかなか気付きにくいことが多いです。新築購入時などに気になる場合は建築会社などに室内濃度の測定値を確認することも可能ですので、確認することをお勧めします。家具などを購入する場合は化学物質についても表記などを確認しておくことがベストです。

健康被害のあるホルムアルデヒドは有害物質です

ホルムアルデヒドは、よくニュース等でも取り上げられる有害物質の事です。健康被害としては、「シックハウス症候群」と言う建築建材に含まれていた物質で、体に不調をきたす事が発見されたのは記憶に新しい出来事です。また、家具や電気機器にも使われていた為に注意が必要な有害物質です。これの大きな疾患要因としては、肺への機能低下も生まれます。ホルムアルデヒドの健康対策としては、法改正を行っています。これは、労働環境の改善に配慮した「労働安全法」の改正があげられます。ホルムアルデヒドの発生は、ハム等の燻製商品を製造する際にも煙の中に存在しています。ですから十分な取り扱いを行って、健康被害がおこらない様に気をつける事が大切です。その為に特に建築関係に従事する人は、古い建築物の解体時にはマスク着用を行う事も必要です。つまり、労働での健康被害対策と注意が必要な有害物資の取り扱い方法です。

ホルムアルデヒドについて

ホルムアルデヒドはシックハウス症候群の原因となる物質です。シックハウス症候群とは、人の居住空間の建築材料や家具などから発生する、化学物質による健康被害のことです。アスベスト被害などが有名です。ホルムアルデヒドは、壁紙や家具の塗料や接着剤、防腐剤などに含まれている化学物質です。この物質はそれを含む壁紙や家具などから徐々に室内に放出されていきます。この物質に汚染された室内にいると、目がチカチカしたり、喉が痛くなるといった症状が表れます。さらに濃度が高くなると、呼吸困難などの状態が表れます。さらに、発がんの可能性が指摘されています。この物質の室内濃度について、厚生労働省が健康上望ましい濃度の目安を設けています。また、国土交通省による住宅性能表示制度により、家を建てた時などに要望すると、ホルムアルデヒドの室内濃度を確認できるようになっています。

当社がエコライフへの第一歩をお手伝いします。 太陽光発電の設置と同時に屋根塗装をお勧めします。 日本製の太陽光パネルは変換効率が高くて人気です。 太陽光発電システムメーカーの製品を多く取り揃え、お客様のご希望に合わせた、太陽光発電システムを提供出来る事が他社との違いです。 設置後多くの方が設置前と比べて電気代が安くなったと実感しております。 太陽光発電を千葉でするならおひさま.com